地殻とマントルやアイソスタシーなどについて

地殻などについて稽古をしました。地殻とマントルの境界ですモホ不連続現実の深さ(地殻の厚さ)が、地形が高いところほど深くなっているのは、地殻の重量が高い結果、地殻がマントル内に激しく入り込んだところで地殻の浮力とつり合っているからだ。こういう釣合いをアイソスタシーといいます。スカンジナビア住所では、氷河時代の厚い氷がとけて氷の重さだけ軽くなり、失われたアイソスタシーを回復する結果、約10000階層事前頃からグラウンドの隆起が続いていらっしゃる。震央間隔を地球大方からの角度で表したこと、震央間隔103°以遠にはS流行が伝わらず(S流行の片影)、震央間隔103°〜143°にはP流行が伝わらない部分(P流行の片影)ができます。これは深さ約2900kmのところから液体になるためで、それより奥深い部分を根源といいます。このようなことを覚えましたが、知らないらばかりだったので知らないことを知れて良かったですし、ずっと細かく引っかかるだ。http://www.poieodesign.co/5man-sokujitsu.html

曲を口ずさんでいたり勉強をしたりしていた

朝から、最近聴いている曲を口ずさんでいました。韓国のアイドルグループの曲でした。そして、勉強をしました。子宮で発生する哺乳類と卵殻の中で発生するハチュウ類・鳥類では、はたらきに異なる点はありますが、発生的には共通の胚膜をつくります。これは非常に興味深いことです。同じ種類の生物であれば、若干の違いは見られても、1個の受精卵はほぼ同じ形の成体にまで成長します。この不思議な現象は多くの生物学者を魅了し、いくつもの実験が行われてきました。ウニの2細胞期の割球を分離すると、それぞれ正常な形の幼生になります。また、イモリの2細胞期に割球を分割するように強く縛ると、2匹の幼生になります。一方クシクラゲの場合、2細胞期に割球を分離すると、8列あるべき櫛板が4列しかない胚が生じます。これは、発生の非常に早い時期に櫛板の位置が決められるためだと考えられます。このことを学びましたが、知らないことを知れて良かったです。顔脱毛